探偵コラム。hy東京探偵事務所から皆様に情報発信。|探偵事務所に対する苦情

価値ある証拠・価値ある調査を提供いたします。秘密厳守・相談無料・安心・低料金

探偵事務所に対する苦情


他の探偵事務所で起こった苦情相談が相次いでいます。



内容は、

「契約したが、契約後に言っていることが変わったので解約したいが、解約できるか?」

「調査を依頼したが、探偵の言動が怪しかったので調べてみたら調査していなかった。」

「妻の浮気調査を依頼したが、尾行がバレて、もう調査できないと言われた。契約金を返してくれない。」

「面談に行ったら、契約書にサインするまで帰してくれなかった。考え直して、やっぱり解約したいが、解約できるか?」

「調査報告書が貰えないので、本当に調査しているかわからない。」

「契約書に、解約はしませんと記載があり、レ点を付けさせられた。これってあり?」

「経費込みってホームページには書いてあったのに、実際には請求された。取り返せる?」

「調査報告書の写真のピントが合ってなくて、誰だかわからない。本当にこれで裁判の証拠になるのか?」

「契約書を交わしてないけど、大丈夫?」

「調査員4名で調査すると言われたが、本当にそんなに必要?」

「探偵事務所からの営業電話がしつこい。どうしたらいいですか?」

「弁護士を紹介してもらったが、紹介料を取られた。」


「ホームページに書いてある内容と全然違った。とにかく腹が立つ。何とかならないか?」



など、ご相談は絶えません。
弊社でもご相談に乗ることはできますが、何か対策ができるわけではありません。



まずは、国民生活センターの消費者ホットラインに通報することをお勧め致します。
電話番号は188(いやや)。
国民生活センターのホームページは、

http://www.kokusen.go.jp/

です。



そのあと、
違法性がある場合は、警察へ通報。
民事事件では、弁護士へ相談。
が良いかと思います。
場合によっては、支払った費用が取り返せるケースもあります。