素行調査

探偵・興信所・綾瀬市で浮気調査

探偵、興信所を綾瀬市でお探しなら

♦浮気調査のご相談は、

hy東京探偵事務所 町田オフィスへ

年間相談数2,000件以上・調査実績13,000件以上、

経験と実績を踏まえてご相談に乗らさせていただきます。

ご相談内容経験と実績がある、調査員が、 相談に乗らせていただきます。 慰謝料を取るための、証拠の必要性や、証拠の内容。 不貞の証拠を得た後の、慰謝料の請求方法。 浮気した配偶者から、離婚請求されてる場合、 逆に別れないためにも、 浮気の証拠(不貞の証拠)が必要です。 これは、有責配偶者から離婚請求が認められないためです。

image27

ban_inquiry2

hy東京探偵事務所

image1192image1212image1223image1232

image27

ban_inquiry2   

綾瀬市で浮気調査なら

調査力のhy東京探偵事務所 町田オフィス

□調査力の違いは、経験と洞察力です。

多数の探偵社が、調査力が高いとホームページなどで、 載せておりますが、 調査力とは一体どのようなものでしょうか?

浮気調査で、重要なのは不貞の証拠を得ることです。 その為の過程が調査です。

調査で重要な点は、

・ 失尾をしないこと

・ 発覚をしないこと

・ 証拠を、確実にカメラに収めること

以上の3点になります。

失尾と発覚は紙一重

失尾とは、対象者を見失うことです。 失尾と発覚は紙一重です。

探偵の調査は、この失尾と発覚のギリギリのところを、 見極めて調査を行います。

状況により、無理には追わず、距離を置き、 失尾の危険が伴う場所では、 近づき、対象者を確実にとマークします。

長く距離を開けていれば、失尾をしますし、 長い時間、近くにいれば、発覚しやすくなります。

この状況判断は、経験と洞察力が大変重要になってきます。

□プロフェッショナルの調査員を育成

当探偵事務所では、プロの調査員の育成に力を入れております。 当探偵事務所に入所した方には、 当社独自の、探偵育成プログラムの研修を受けてもらい、 2か月の研修後、最終テストを受けてもらいます。 これに、不合格の場合は、当探偵事務所への入所は、お断りさせていただいております。 合格者だけが、プロフェッショナルの探偵として一歩踏み出せるのです。

image27

ban_inquiry2

◇綾瀬市で慰謝料請求をお考えの方

配偶者に対して慰謝料請求を行うには、配偶者が有責事由を満たしていなければいけません。

この有責事由とは

1・不倫・浮気(不貞行為)

2・配偶者に対する暴力行為

代表的なもので、この2点となります。そして、不倫・浮気(不貞行為)の証拠は原告側に立証責任があります。つまり、訴える側が証拠を集めなければならないのです。

特に、不倫・浮気行為の証拠は、個人で集めるには限界があります。不倫・浮気においては、慰謝料を得る為には、不貞行為の証拠を集めなければなりません。この不貞行為は、性行為と民法で定められており、ある程度継続的な肉体関係が必要となります。性行為そのものの現場を押さえることは、非常に難しいです。その為、性行為が行われたであろうとする、推認できる現場を押さえることになります。それが、ラブホテルの出入りであり、自宅等での宿泊になります。

そして、この証拠収集が終わった後に、円滑に慰謝料請求が行えるように、弁護士事務所をご紹介させていだきます。

(下記の画像をクリックしていただければ、その事務所のホームページが開けます。)

image591

image-authense3

image621

image27

♦hy東京探偵事務所 町田オフィス

●TEL:042-732-3534

●FAX:042-732-3263

●MAIL:machida@hytokyo.jp

●所在地:東京都町田市原町田2-7-6-306

JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分  button2

●代表:黒木 健太郎

探偵業届出番号:東京都公安委員会第30110313号

J.P.A.グループ

hy東京探偵事務所 池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160

●FAX:03-6802-8161

●MAIL:info@hytokyo.co.jp

●所在地:東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F

JR「池袋駅」北口より徒歩3分

●代表:原田 秀樹

探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号

探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

hy東京探偵事務所 横浜オフィス

●TEL:045-827-3890

●FAX:045-827-3894

●MAIL:yokohama@hy-tokyo.jp

●所在地:神奈川県横浜市戸塚区南舞岡1-24-21

●代表:山﨑 直希

●探偵業届出番号:神奈川県公安委員会 第45130061号

●探偵業開始番号:神奈川県公安委員会 第45120105号

hy東京探偵事務所  バンコクオフィス
●TEL:+662-426-5096(日本から掛ける場合) 02-426-5096(タイから掛ける場合)
●MAIL:bkk@hytokyo.co.jp
●所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng Bang Mot, Khet Thung Khru, Krung Thep Maha Nakhon 10140, Thailand
●代表:山﨑 直希

綾瀬市の地域情報

神奈川県綾瀬市早川550

綾瀬市内の交番

綾瀬市早川511-1

綾瀬市寺尾本町3-11-29

綾瀬市深谷1966-3

綾瀬市上土棚北3-2-12

image17

興信所・探偵を日野市でお探しの方へ

興信所・探偵を日野市でお探しの方へ

□お見積もり・相談無料/秘密厳守

年間相談数1,500件以上、経験と実績を踏まえて、ご相談に乗らせていただきます。

実績と経験がある調査員が、ご相談に対応させていただきます。

hy東京探偵事務所では、ご相談に際し、実際に現場に出る調査員が対応いたします。

その為、なぜこの調査方法で、この調査料金になるのか、明確にお答えできます。

※ご面談に関しては、完全予約制となっております。事前に電話またはメールにて、ご予約をお願いいたします。(ご予約さえいただければ、ご相談は24時間対応しております。)

お問い合わせは、こちらから

image27

ban_inquiry2

hy東京探偵事務所

image1192image1212image1223image1232

image71

image27

ban_inquiry2

◇日野市で慰謝料請求をお考えの方へ

配偶者に対して慰謝料請求を行うには、配偶者が有責事由を満たしていなければいけません。

この有責事由とは

1・不倫・浮気(不貞行為)

2・配偶者に対する暴力行為

代表的なもので、この2点となります。

そして、不倫・浮気(不貞行為)の証拠は原告側に立証責任があります。つまり、訴える側が証拠を集めなければならないのです。

特に、不倫・浮気行為の証拠は、個人で集めるには限界があります。不倫・浮気においては、慰謝料を得る為には、不貞行為の証拠を集めなければなりません。

この不貞行為は、性行為と民法で定められており、ある程度継続的な肉体関係が必要となります。性行為そのものの現場を押さえることは、非常に難しいです。その為、性行為が行われたであろうとする、推認できる現場を押さえることになります。それが、ラブホテルの出入りであり、自宅等での宿泊になります。

◇探偵業界初

慰謝料を請求する為に必要な証拠が集まるまでの調査

image8511

詳しくはこちらから↓↓↓↓↓↓

ban_item_uwaki

そして、この証拠収集が終わった後に、円滑に慰謝料請求が行えるように、弁護士事務所をご紹介させていだきます。

image591

image-authense3

image661

image27

ban_inquiry2

hy東京探偵事務所  町田オフィス(24時間対応)
TEL:042-732-3534
FAX:042-732-3263
MAIL:machida@hytokyo.jp
所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号

◇調査項目

浮気調査…浮気相手との不貞証拠の収集調査をします。

行動調査…家族・恋人・友人・社員の行動を調査します。

行方調査…大切な人の行方を調査します。

素行調査…婚約者・社員等の素行を調査します。

潜入調査…調査員があらゆる所に潜入し、調査をします。

嫌がらせ調査…嫌がらせや、いじめなどの証拠収集調査をします。

・その他…ご希望の調査があればお気軽にお申し付け下さい。

◇調査料金

 hy東京探偵事務所では、

全てのお客様に業界トップクラスの低価格をご提供いたします。

「調査料金が高いから悪質・安いから優良」というワケでは決してありません。

現状この探偵業界では、浮気調査であれば最低何十万、 行動調査であれば、何十万など、価格がある程度決められています。

ですがhy東京探偵事務所では、 全てのお客様一人一人に合った最適な調査プランをご用意し、 コストの無駄を抑え、低価格にてご提案させて頂いております。

以下、>>>調査料金ページ<<<もご覧下さい。

vmenu_003

◇最も大切な興信所・探偵社選び

hy東京探偵事務所では、お客様に興信所・探偵社選びを失敗しない為の5項目といったものを、

ご提案させて頂いています。

まだまだこの業界には、悪徳といわれる業者が多く存在するのが現状です。

中には、料金を追加請求したり、料金だけ支払わせて、調査をしない興信所・探偵社もいると聞きます。

興信所・探偵社選びはお財布との相談でもありますが、悪徳業者に注意し、慎重にお決めください。

 ◇hy東京探偵事務所

先ほども申し上げましたが、hy東京探偵事務所では、

「調査員の質」を大切にしています。

我々の仕事は、お客様の人生のお手伝いをさせて頂くことであると思っております。

ですから、当社の調査員には、アルバイト等は一切雇いません。下請けも行いません。 当社に依頼された案件は全て当社調査員が担当します。

当社の調査力は業界でもトップクラスだと自負しております。なぜこのようなことが言えるのか、それは当社独自の研修プログラムにあります。 3か月から6か月に及ぶ研修期間中に厳しい研修を実施し、 最終テストを受け、合格した者のみが調査員になる事が出来ます。 6か月以内に合格できなかった場合、調査員になることはできません

その為、hy東京探偵事務所の「調査力」は非常に高いのです

 ◇hy東京探偵事務所から皆様へ

hy東京探偵事務所は、24時間365日年中無休で営業しております。

即日・当日調査も対応可能です。

ご依頼をお悩みの方も安心してください。

hy東京探偵事務所は、御相談・御見積りは一切無料です!!

守秘義務教育は徹底しておりますので、ご安心してご相談下さい。

ご不明な点などあれば、お気軽にご連絡ください。

image27

ban_inquiry2

株式会社J.P.A.(Japan Progress Agency)

hy東京探偵事務所  池袋オフィス(24時間対応)

TEL:03-6802-8160
FAX:03-6802-8161
MAIL:info@hytokyo.co.jp
所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F
探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号
探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

hy東京探偵事務所  町田オフィス(24時間対応)

TEL:042-732-3534
FAX:042-732-3263
MAIL:machida@hytokyo.jp
所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号

hy東京探偵事務所  横浜オフィス(24時間対応)

TEL:045-827-3890
FAX:045-827-3894
MAIL:yokohama@hy-tokyo.jp
所在地:〒244-0814 神奈川県横浜市戸塚区南舞岡1-24-21
探偵業届出番号:神奈川県公安委員会 第45130061号
探偵業開始番号:神奈川県公安委員会 第45120105号

hy東京探偵事務所バンコクオフィス(24時間対応)

02-426-5096(タイから掛ける場合)
●MAIL:bkk@hytokyo.co.jp
●所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng Bang Mot, Khet Thung Khru, Krung Thep Maha Nakhon 10140, Thailand
●代表:山﨑 直希

日野市地域情報

日野市役所   : 東京都日野市神明1丁目12-1

日野警察署   : 東京都日野市日野590番地

日野税務署   : 東京都日野市万願寺6丁目36-2

日野市立病院  : 東京都日野市多摩平4-3-1

日野市立図書館 : 東京都日野市豊田2-49-2

image17

川崎市多摩区で探偵・興信所をお探しなら

川崎市多摩区での浮気調査

image71

年間相談数1,500件以上、経験と実績を踏まえて、ご相談に乗らさせていただきます。

実際に現場に出る調査員が、ご相談に対応致します。だからこそ、ご説明や最適な調査方法の計画が可能です。

経験と実績のある調査員がご相談に対応することにより、調査方法や必要な人員についてのご説明や不要な費用の削減が可能となります。

ご相談内容

2018年度ご相談者割合image30

image27

ban_inquiry2

◇川崎市多摩区で慰謝料請求なら

配偶者に対し、不貞行為を理由として慰謝料請求をする際には、不貞の証拠が必要となります。

以下のようなものが不貞の証拠として挙げられます。

・浮気相手の自宅に宿泊している様子の映像。

・浮気相手とラブホテルに出入りする映像。

・配偶者が浮気を認めた音声等。

・浮気相手が不貞行為を認めた音声等。

配偶者が浮気相手とラブホテルや自宅に出入りする映像を収めることは、個人で行うには非常に困難であると思われます。

このような証拠収集については、hy東京探偵事務所にお任せください。

経験と実績のある調査員が、裁判で勝てる・価値ある証拠を入手します。

◇探偵業界初

慰謝料を請求する為に必要な証拠が集まるまでの調査プラン

image8511

詳しくはこちらから↓↓↓↓↓↓

ban_item_uwaki

また、証拠収集後の円滑な慰謝料請求の為に、弁護士事務所をご紹介させて頂きます。

image591

image30

image-authense3

◇川崎市多摩区で浮気調査をする際に重要なこと

川崎市多摩区は、都心へのアクセスが容易であり、横浜方面へもまた、足を運びやすい地域です。

こうした地域の浮気調査では、調査対象者がどちらの方面へ向かっても対応できるように、調査員や機材の準備をする必要があります。

徒歩尾行をメインに行っている調査員では、対象者が横浜方面へ車両にて移動した場合の対応が難しいです。

逆に、車両による移動がメインの調査員では、都心の混雑の中の徒歩尾行は困難が伴うことがあります。

hy東京探偵事務所の調査員は、徒歩による尾行はもちろんのこと、車両による尾行も豊富な経験・実績があるため、こうした地域での調査も難なくこなせます。

image27

ban_inquiry2

◇探偵だからできること

不貞による慰謝料請求に向けて、依頼者本人が調査をし、証拠収集をすることは不可能なことではないです。

ではなぜ、探偵に依頼するのか、一般人と探偵とで異なるものとは何なのでしょう。

それは、調査力の違い・得られる証拠の価値の違いです。

探偵は調査の経験を積み、高度な技術を身に着けています。

長い張り込みの末、現れる対象者。その一瞬を見逃さず映像に収め、瞬時に尾行に移行します。

警戒してあたりを見回しながらホテルに入る調査対象者の姿を、対象者に発覚することなく映像に収めます。

再び長い張り込みに入り、対象者のホテルからの出の一瞬を見逃すことなく撮影します。

高度な技術・機材により得られる証拠もまた価値のあるものとなります。

こうした証拠は、裁判資料として活用することが可能です。

一般人が調査を行った場合、探偵と同様の行動がとれるでしょうか。

長い張り込みに耐えられるか。対象者の出入りの一瞬を見逃さないか。対象者に調査が発覚しないか。

対象者の失尾はその日の調査時間が無駄になってしまいます。

調査の発覚は今後の調査のチャンスを失ってしまう可能性があります。

また、一般人の調査により証拠が得られたとしても、それが裁判において使用できるかどうかは疑問です。

こうしたリスクを考慮すると、不貞の証拠収集は探偵に依頼した方が良いと考えられます。

◇hy東京探偵事務所と他社との違い

hy東京探偵事務所は、研修に合格したプロの調査員のみを調査の現場に出させています。

研修プログラムは厳しいものであり、研修が終了する頃には高度な技術を持つ調査員となります。

徒歩尾行、車両尾行、混雑した地域での張り込み、閑散とした地域での張り込み、裁判資料として使用できる証拠撮影。

どれも一流となって初めて実際の現場に出ることが出来ます。

それゆえ、調査員の質は他社に比べ高い水準となっています。

また、少数精鋭の調査体制をとっている為、余計な出費を省くことができ、調査料金は他社に比べ低めに抑えられています。

image27

ban_inquiry2

 

hy東京探偵事務所 町田オフィス

●TEL:042-732-3534

●FAX:042-732-3263

●MAIL:machida@hytokyo.jp

●所在地:東京都町田市原町田2-7-6-306

JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分

button2

●代表:黒木 健太郎

探偵業届出番号:東京都公安委員会第30110313号

J.P.A.グループ

hy東京探偵事務所 池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160

●FAX:03-6802-8161

●MAIL:info@hytokyo.co.jp

●所在地:東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F

JR「池袋駅」北口より徒歩3分

●代表:原田 秀樹

探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号

探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

hy東京探偵事務所 横浜オフィス

●TEL:045-827-3890

●FAX:045-827-3894

●MAIL:yokohama@hy-tokyo.jp

●所在地:神奈川県横浜市戸塚区南舞岡1-24-21

●代表:山﨑 直希

探偵業届出番号:神奈川県公安委員会 第45130061号

探偵業開始番号:神奈川県公安委員会 第45120105号

hy東京探偵事務所  バンコクオフィス

●TEL:+662-426-5096(日本から掛ける場合)  02-426-5096(タイから掛ける場合)

●MAIL:bkk@hytokyo.co.jp

●所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng  Bang Mot, Khet Thung Khru, Krung Thep Maha Nakhon 10140, Thailand

●代表:山﨑 直希

◇川崎市多摩区の公共施設

多摩区役所 住所:川崎市多摩区登戸1775-1

多摩警察署 住所:川崎市多摩区枡形3-1-1

多摩消防署 住所:川崎市多摩区枡形2-6-1

多摩図書館 住所:川崎市多摩区登戸1775-1

川崎市多摩区の駅

JR南武線:宿河原駅-登戸駅-中野島駅-稲田堤駅

京王相模原線:京王稲田堤駅

小田急小田原線:登戸駅-向ヶ丘遊園駅-生田駅-読売ランド前駅

 

image17

浮気の調査 浮気の証拠

浮気の調査・浮気の証拠

hy東京探偵事務所 町田オフィス

□浮気の証拠

浮気

良くどこからが浮気で、どこまでが浮気じゃないとか、

耳にしたりもします。

異性とデートしたら浮気だとか、キスしたら浮気とか、

人によって意見も様々です。

では、慰謝料を請求するため、若しくは、

離婚をするため(しないため)

必要な浮気の証拠とは、なんでしょうか。

これを、民法上では不貞行為といい、

この行為は性交渉とされています。

性交渉を伴わない男女の密会は不貞行為とは呼びません。

民法上での浮気の証拠とは、性交渉です。

そして、判例では性交渉が実証できなくても、推認されれば、

不貞の証拠となります。

この推認される証拠を得るのが探偵です。

□不貞の証拠

20131120130749(8) - ƒRƒs[ - ƒRƒs[

この推認される証拠とはなんだでしょうか。

判例から検証すると、ホテルへの出入りです。

ホテルもシティホテルなどよりも、

一般的にラブホテルと言われてる方の、

出入りの方が、不貞の証拠としての推認が高くなります。

そして、これはあくまでも推認なので、

複数回の出入りの証拠が必要となってきます。

一度だけ、ホテルへ行った証拠を持っていても、

そのとき、「具合が悪くてたまたま入っただけ」と言われれば、

不貞の証拠とはならない可能性が高いです。

これは、ただの男女の密会に該当します。

その他の不貞の証拠として、メール等で性交渉を示唆する文面があれば、

ホテルの出入りと合わせて、不貞の証拠となる可能性は高いです。

 □浮気の調査

探偵が行う浮気調査とは、どのようなものでしょうか。

まずは、対象者の勤務先や自宅を張り込み、尾行。

そして、対象者が浮気相手と接触し、食事等を行い、ホテルに行く。

この一連の流れを、全てカメラに収めます。

ホテルの出入りだけあれば十分と考えられる方がおられますが、そうではありません。

それだけでは、「何処の何方ですか」「他人の空似です」と言われれば、

言い逃れが出来てしまいます。

勤務先や自宅から、尾行を行うことによって、

対象者の素性が担保されます。

食事等の行為も、その後、ホテルに行くことにより、

性交渉があることを、推認するための手助けとなります。

ホテルから出た後は、浮気相手の素性を判明させるとこまでが、浮気調査です。

「ご参考までに、hy東京探偵事務所の浮気調査報告書のサンプルをご覧ください」       

image5

□浮気調査のご相談なら

hy東京探偵事務所 町田オフィス

実際に浮気調査を行っている、

調査員が対応いたします。 

実績と経験のある調査員が、過去の事例や判例をもとに、

ご相談に乗らせ頂きます。

現在の状況や、今お手元にある浮気の証拠が活用できるのか。

それらを踏まえて、浮気調査計画を立てさせて頂きます。

当探偵事務所の浮気調査は、少数精鋭で行います。

不必要な調査員の増員やご依頼者様にとって「価値のない調査」は行いません。

 

image27

メールでのお問合せはこちら⇓⇓⇓

ban_inquiry2

image1192

image1202

image1212

image1223

image1232

◇探偵業界初

慰謝料を請求する為に必要な証拠が集まるまでの調査

image8511

詳しくはこちらから↓↓↓↓↓↓

ban_item_uwaki

image27

  メールはこちらから ⇓

ban_inquiry2

hy東京探偵事務所 町田オフィス

●TEL:042-732-3534

●FAX:042-732-3263

●MAIL:machida@hytokyo.jp

●所在地:東京都町田市原町田2-7-6-306

JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分

button2

●代表:黒木 健太郎

探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号

J.P.A.グループ

hy東京探偵事務所 池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160

●FAX:03-6802-8161

●MAIL:info@hytokyo.co.jp

●所在地:東京都豊島区池袋2-49-13

杉山ビル2F JR「池袋駅」北口より徒歩3分

●代表:原田 秀樹

探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号

探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

hy東京探偵事務所 横浜オフィス

●TEL:045-827-3890

●FAX:045-827-3894

●MAIL:yokohama@hy-tokyo.jp

●所在地:神奈川県横浜市戸塚区南舞岡1-24-21

●代表:山﨑 直希

探偵業届出番号:神奈川県公安委員会 第45130061号

探偵業開始番号:神奈川県公安委員会 第45120105号

hy東京探偵事務所  バンコクオフィス
●TEL:+662-426-5096(日本から掛ける場合) 02-426-5096(タイから掛ける場合)
●MAIL:bkk@hytokyo.co.jp
●所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng Bang Mot, Khet Thung Khru, Krung Thep Maha Nakhon 10140, Thailand
●代表:山﨑 直希

image27

不貞慰謝料請求の判例 case.8


今回は特に珍しい裁判例をご紹介します。

 

判例の紹介の前に、「期待可能性の意義」について少し説明します。

 

「期待可能性」とは、刑法上の法律用語であり、行為の当時、行為者が適法行為を行うことを期待出来る事を意味します。この期待可能性は、刑法の犯罪論では、責任要素の一つとされ、適法な行為を行う事が期待できないような場合においては、違法な行為をあえて選択したとは言えず、責任が阻却され犯罪が成立しないと説かれています。

 

具体的な例としては、強制された行為(例えば、銀行強盗をしないと殺すと脅迫されてやむなく犯罪を行う場合)などがあります。

 

民事の裁判例でもこの期待可能性の有無が問題となったと評価できる事案があります。

 

 

9edb508db78f7f767cdfe4b3fcd7c625_s

 

 

横浜地方裁判所昭和48年8月29日

父娘間の継続的肉体関係を秘匿して結婚することが、相手方男性に対して、父および娘の不法行為を構成するか否かが争われた事案でした。(相手方男性は妻とその父に対して慰謝料300万円その他結納金等の財産上の損害の賠償を求めた。)

 

本件では、妻が結婚(内縁)の前に父と肉体関係を持っていた事実を秘匿していたことがやむを得ないものであり、その事実を正直に相手方男性に対して事前に開示することを期待できない(期待可能性がない)として、父娘に不法行為責任が成立せず相手方男性の請求を棄却しました。(父および娘は結婚を契機として、肉体関係を断絶し、人間として蘇生しようとしていたことをうかがい知ることができた。としている。)

 

(参考:不貞慰謝料請求の実務 著者 中里和伸弁護士)

 

 

 

~探偵の一言~

今回は期待可能性についての判例でした。

 

今回のケースでは、一般的な人間が事実を知った時、驚き、結婚成立による幸福を失う危険があったと考えられました。

父や娘の結婚による幸福の祈念と情愛から秘匿は必然であって、開示を期待することは不能としたのです。

 

凄く簡単に言えば、「普通、言えないよねこんなこと。」という事です。

 

この「請求棄却」という結論が正しいかどうかは賛否が分かれるところかと思いますが、裁判官も相当悩んだことが想像できます。

裁判は、人と人が話合い、争い、結論が出ます。このような裁判例があると知ると、裁判というのは本当に難しく、どう転ぶかはわからないということが再確認できます。

 

 

 

mail

 

 

浮気・素行調査を草加市でお考えの方へ


◆浮気・素行調査を草加市でお考えの方

 

草加せんべいで有名な草加市で浮気調査・素行調査をお考えのあなた

東武伊勢崎線で北千住→JR常磐線で日暮里→JR山手線で池袋

池袋北口徒歩4分に所在する、hy東京探偵事務所・池袋オフィスへへご相談を下さい。

 

ban_office_ikebukuro_ahover

 

 

 

 

株式会社J.P.A.(Japan Progress Agency)

 

hy東京探偵事務所  池袋オフィス(24時間対応)

TEL:03-6802-8160
FAX:03-6802-8161
MAIL:info@hytokyo.co.jp
所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F
探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号
探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

 

hy東京探偵事務所  町田オフィス(24時間対応)

TEL:042-732-3534
FAX:042-732-3263
MAIL:machida@hytokyo.jp
所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号

 

hy東京探偵事務所  横浜オフィス(24時間対応)

TEL:045-827-3890
FAX:045-827-3894
MAIL:yokohama@hy-tokyo.jp
所在地:〒244-0814 神奈川県横浜市戸塚区南舞岡1-24-21
探偵業届出番号:神奈川県公安委員会 第45130061号
探偵業開始番号:神奈川県公安委員会 第45120105号

 

 

電車広告リニューアル



【hy東京探偵事務所からお知らせです。】

 

電車内に掲載させていただいております広告がリニューアルいたしました。

 

 

train (1)

 

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

hy東京探偵事務所一同

 

hy東京探偵事務所

 

株式会社J.P.A.(Japan Progress Agency)
24時間365日対応
即日対応・緊急対応

 

hy東京探偵事務所  横浜オフィス
TEL:045-827-3890
FAX:045-827-3894
MAIL:yokohama@hytokyo.co.jp
所在地:〒244-0814 神奈川県横浜市戸塚区南舞岡1-24-21
探偵業届出番号:神奈川県公安委員会 第45130061号
探偵業開始番号:神奈川県公安委員会 第45120105号
hy東京探偵事務所  池袋オフィス
TEL:03-6802-8160
FAX:03-6802-8161
MAIL:ikebukuro@hytokyo.co.jp
所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F
探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号
探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号
hy東京探偵事務所  町田オフィス
TEL:042-732-3534
FAX:042-732-3263
MAIL:machida@hytokyo.co.jp
所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号
hy東京探偵事務所 バンコクオフィス
TEL:+662-426-5096(日本から)
02-426-5096(タイから)
MAIL:bkk@hytokyo.co.jp
所在地:89/9 Soi Phutthabucha 39 Khwaeng Bang Mot,
Khet Thung Khru, Krung Thep Maha Nakhon 10140,
Thailand
創業8年でご依頼件数10,000件突破!
安心して依頼のできる探偵社。

 

image17

 

 

 

 

 

 

興信所 池袋 hy東京探偵事務所


興信所を池袋でお探しならhy東京探偵事務所

 

ban_inquiry

 

□興信所とは

 

信用を興するという意味で主として企業や個人の信用調査を行う所である。

法的な正当性がない場合は調べる本人に通知しなければならない。

興信所では、ご依頼者様の個人情報や対象者の個人情報も、

厳密に管理しなければならない。

 

□池袋で興信所に、ご相談ならこちらから

 

 

TEL:03-6802-8160無題

 

 

メールは、こちらから⇓⇓⇓

ban_inquiry2

 

 

 

秘密厳守・相談無料

 

下記の指針を遵守しているので、ご相談内容が漏れることは一切ありません。

 

興信所業者が講ずべき個人情報保護のための措置の特例に関する指針

 

第3 興信所業者が講ずべき措置の特例

1 興信所業者がよるべき指針

個人情報を取り扱う興信所業者は、個人情報取扱事業者であるかないかにかかわらず、

個人情報取扱事業者に係る法及び国家公安委員会が所管する事業を行なう者等が

講ずべき個人情報の保護のための措置に関する指針

(平成16年国家公安委員会告示第31号。以下「告示」という。)

の規程並びにこの指針に従い、個人情報の適正な取扱いを図ること。

2 依頼者の個人情報の取扱いに関する特例

(1)保存期間

興信所業者は、依頼者の個人情報の保存期間を設けるとともに、

依頼者に明確に示すこと。

(2)第三者提供の制限

興信所業者は、第三者に提供される個人データに係る告示第4の2(5)エにより、

依頼者の同意を得ずに依頼者の個人データを第三者に提供しようとするときは、

あらかじめ告示第4の2(5)エ(ア)から(エ)

までに掲げる事項を依頼者に直接通知すること。

3 対象者の個人情報の取扱いに関する特例

(1) 利用目的の特定

ア 興信所業者は、取得した対象者の個人情報を依頼者に報告する

目的以外の目的で利用しないこと。

イ 興信所業者は、依頼者における対象者の個人情報の利用目的を確認し、

その利用目的が次に掲げる場合のいずれかに該当するときは、

対象者の個人情報を取り扱わないこと。

(ア) 依頼者における対象者の個人情報の利用目的が

社会的差別の原因となるものである恐れがあるとき。

(イ) 依頼者における対象者の個人情報の利用目的が

ストーカー行為等の規制に関する法律

(平成12年法律第81号)第2条の「つきまとい等」

目的その他違法なものであるおそれがあるとき。

(ウ) 依頼者における対象者の個人情報の利用目的が

配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律

(平成13年法律第31号)第1条第2項の被害者の所在の調査の

目的その他不当なものであるおそれがあるとき。

(2) 適正な取得(法第17条)

興信所業者は、依頼者の依頼に基づく対象者の個人情報の取得に当たって、

盗聴器を使用するなどとるべき調査方法が法令に触れるあるいは

当該調査方法によって法令に触れる結果を生じることがないようにするため、

必要な措置を講じること。

(3)利用目的の通知(法第18条)

興信所業者が対象者の個人情報を取得した場合において、

「利用目的を本人に通知し、または公表することにより本人又は第三者の生命、身体、

財産その他の権利利益を害するおそれがある場合(法第18条第4項第1号)」に該当し、

その利用目的の対象者への通知等をしなくともよい場合としては、

次の場合が考え得ること。

(ア) 対象者が依頼者の配偶者

(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)

である場合であって、当該対象者について民法(明治29年法律醍9号)

第752条の義務その他の法令上の義務の履行を確保するために

必要な事項について調査を行なうとき。

(イ) 対象者が依頼者の親権に服する子である場合であって、

依頼者が当該対象者に関し民法第820条の権利その他の法令上の権利を行使し、

又は義務を履行するために必要な事項について調査を行なうとき。

(ウ) 対象者が依頼者の法律行為の相手方となろうとしている者である場合であって、

当該法律行為をするかどうかの判断に必要な事項について調査を行なうとき。

(エ) 依頼者が犯罪その他の不正な行為による被害を受けている場合であって、

当該被害を防止するために必要な事項について調査を行なうとき。

(4)対象者の個人情報の利用の制限 興信所業者は、

対象者の個人情報について検索できるように体系的に

構成した個人情報データベース等を原則として保有しないこと。

(5)利用目的達成後の破棄

興信所業者は、対象者の個人情報について

依頼者に報告した事により利用目的を達成したときは、

速やかに対象者の個人情報を破棄すること。

 

 

 東京、特に池袋には数多くの興信所、imagesWQI9PFYI

探偵事務所が存在している。

 

東京、特に池袋は、興信所、

探偵事務所が数多く存在しています。

hy東京探偵事務所 池袋オフィスは、その中でも調査力は高いと自負しております。

それは、創業7年目の実績と3オフィスによるネットワークと、

調査員の育成システムが他の興信所とは違うところにあります。

当興信所では厳しい育成プログラムを調査員に課し、

その育成プログラムを修了した者のみ、

当興信所の調査員として、調査に当たらせます。

その為、一流の調査力を持った調査員しか、当興信所におりません。

 

 

J.P.Aグループ

hy東京探偵事務所

 

池袋オフィス

●TEL:03-6802-8160
●FAX:03-6802-8161
●MAIL:info@hytokyo.co.jp
●所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F
JR「池袋駅」北口より徒歩3分
●代表:原田 秀樹
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号
●探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

 

町田オフィス

●TEL:042-732-3534
●FAX:042-732-3263
●MAIL:machida@hytokyo.jp
●所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
●代表:黒木 健太郎
●探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号

 

横浜オフィス

●TEL:045-827-3890
●FAX:045-827-3894
●MAIL:yokohama@hy-tokyo.jp
●所在地:〒244-0814 神奈川県横浜市戸塚区南舞岡1-24-21
●代表:山﨑 直希
●探偵業届出番号:神奈川県公安委員会 第45130061号
●探偵業開始番号:神奈川県公安委員会 第45120105

 

 

 

 

 

探偵小説 [ 探偵 葉山 ] 


探偵小説「息子の素行」

 

「今年の夏は過去に前例のない暑さでした。」

「この異常気象は温暖化が原因なのでしょうか?」

「温暖化だけではなく、様々な要因が積み重なり…..」

 

時間は22時を回ったところ。

テレビの中ではコメンテーターが、毎年同じようなセリフを言っている。

隣の寝室では、妻と娘と犬が寝ているので、テレビの音量に気をつかいながら、

葉山はニュース番組を見ていた。

 

9月に入り、残暑が厳しく連日の熱帯夜と連日の浮気調査のおかげで、毎日のように寝不足が続いていた葉山だが、今日は調査を社員たちに任せて、束の間の休日を自宅で満喫していた。

 

テレビをゆっくりと見るのは、何日ぶりだろうか?

いや、何カ月ぶりだろうか?

など考えていると、葉山の携帯電話が鳴った。

 

夜の時間帯に葉山探偵社に掛かってくる電話は、社員たちの携帯電話に転送されている。

今日は、休みではあるが、葉山の携帯電話に転送される日(当番制)であった。

葉山はリモコンを手に取り、テレビの電源を切り、電話に出た。

 

葉山「はい。葉山探偵社です。」

男性「夜分に申し訳ございません。黒沢と申します。今、お時間よろしいでしょうか。」

葉山「はい。大丈夫です。どのようなご相談内容でしょうか。」

男性「じつは・・・」

 

黒沢と名乗る男性は、息子の素行調査を依頼したいとの事だった。

詳しい話を伺うため、翌日の18時に事務所に来てもらう約束をし、電話を切った。

 

電話を切った葉山は、再度テレビのリモコンを手に取り、テレビをつけた。

テレビの中では、まだ異常気象についてコメンテーターが独自の見解を続けている。

 

葉山は、テレビを消し、隣の寝室へ静かに入って行ったが、番犬としてはトップクラスの愛犬に吠えられ、目を覚ました妻と娘に、睨まれながら布団の上で小さく横になった。

 

翌日、朝9時に出社した葉山を待っていたのは、疲れ切った顔でソファに横になっていた調査員たちだった。彼らは、1時間ほど前に調査を終え、事務所に返ってきたばかりだという。昨晩の浮気調査で、調査対象の男女2人はホテルに泊まり、朝そのまま出社したらしい。おかげで、浮気相手の勤務先を特定することができたが、調査終了時間が8時過ぎになってしまった。

昨晩の20時から調査を行っているので、調査時間の合計は12時間。

浮気調査では、よくあるケースだ。

 

 

葉山は疲れ切った調査員たちから、1時間かけて調査の詳細な様子を聞き取り、調査報告書の作成を引き継いだ。

調査員たちが収集した大量の証拠画像を使用し、浮気調査の報告書を作成すること7時間、昼休憩を取ることも忘れ、報告書の作成に没頭していた葉山を猛烈な空腹が襲った。

 

時計を見ると17時になるところ。18時には、相談者が事務所にやってくる予定だ。

急いで、駅前まで行き、立ち食い蕎麦屋に入り、ざる蕎麦を注文、葉山は、思い出したかのように7時間ぶりにスマートフォンの画面を見た。

メールが1件。妻からのメールだ。メール受信時刻は13時過ぎ。タイトルは「今日のランチ」とあり、娘と一緒に美味しそうなピザが映っている画像が送られてきていた。

 

葉山は娘とピザが映っている画像を見ながら、ざる蕎麦を数分でたいらげ、事務所へと戻って行った。

 

事務所に戻ると、白髪交じりの頭をした60代前半の男性が立っていた。

男性は、銀縁のメガネをかけ、グレーのスーツに黒の革靴、ビジネスバッグを左手に持ち、右手で事務所のドアをノックしていた。

 

葉山は、男性に近寄り申し訳なさそうに、声をかけた。

 

葉山「あの~。申し訳ございません。」

黒沢「あっ。探偵社の方ですか?」

葉山「はい。代表の葉山と申します。」

黒沢「18時に予約した黒沢です。少し早かったでしょうか。」

葉山「いえ。大丈夫です。黒沢様、どうぞお入りください。」

 

葉山は珈琲を入れ、名刺を渡し、改めて自己紹介をした。

黒沢と名乗る男性も、丁寧に挨拶をして、名刺を出した。

名刺には、だれでも一度は聞いたことのある上場企業の「会社名」、役職は「専務取締役」、「黒沢 元」と記載があった。

 

 

黒沢は葉山に対して、守秘義務があることを2度確認し、話をはじめた。

 

黒沢「実は、私の息子の事になるのですが、名は丈二と言います。

兄弟はなく一人っ子で、歳は34歳です。仕事は無職で、住まいは私と妻と共にしています。

はっきり言いますと、世間的にいう“ひきこもり”というやつです。

大学卒業後、30歳頃までは、印刷会社で働いていたのですが、ある日突然会社を辞めて、“ひきこもり”になりました。

会社を辞めた理由を聞いても、何も答えません。そのまま4年が過ぎ、最近になって“ひきこもり”から卒業といいますか、外出するようになりました。

出始めた頃は、1時間から2時間ほどで家に帰って来ていましたが、ある日、同窓会の誘いがあり、出席をしたそうなのですが、その日を境に行動が変わりました。

息子は、毎朝7時に家を出て、夜21時過ぎに帰ってきます。

スーツを着て出かけているので、私も妻もてっきり職に就いたのだと思っていました。

でも、どうやら違うみたいです。

土日祝も休むことなく、毎日出かけることと、数日おきに、妻に小遣いをせびるようなのです。

いい歳をしてお恥ずかしい話ではありますが、ひとり息子だったもので、甘やかして育ててしまいました。

本人は恥ずかしい事だと思っていないみたいで・・・。

小遣いの金額は1ヶ月で30万円ほどに。

妻が息子に「会社から給料が出ていないの?」と聞いたそうなのですが、息子は「なんの話?」「仕事なんかしてないよ。」と言ったそうです。

じゃあ毎日何をしているのかと聞いても、

「別に。」

と答えるだけで本当の事を言ってくれません。

本当にお恥ずかしい話なのですが、息子が何をしているのか。知りたくて…..」

 

 

葉山「お話はわかりました。で、丈二さんの素行を調査したいと。」

 

黒沢「はい。可能でしょうか?」

 

葉山「お任せください。いったい丈二さんは何をしているのか。徹底的に調査いたします。」

 

 

20時を少し過ぎた頃、契約書にサインをした黒沢は、深々と頭を下げ、帰って行った。

 

黒沢が事務所を出たとほぼ同時に、調査員が1名出勤してきた。

葉山は、完成した浮気調査の報告書を、その調査員に渡し、カメラを片手に早々と黒沢邸へと向かった。

 

黒沢邸は葉山探偵事務所のある豊島区池袋から電車で40分ほど行った渋谷区広尾にある。

言わずと知れた高級住宅街である。

 

葉山が黒沢邸に到着したのが、20:58。

依頼者の話だと、そろそろ対象者(息子の丈二)が帰宅する時間帯だ。

 

 

葉山は黒沢邸周辺で撮影ができる場所を探し、張込みを開始する。

住宅街は、いつも張込みがやりにくい。

住宅街で立ち張り(立って張り込む事)をすると1時間もすれば、住民の方に通報され、警察を呼ばれてしまう。

特に高級住宅街だと、住人の方たちの警戒度も高く車張り(車で張り込む事)をしていても、不審車両とみなされ、あっという間に通報されてしまう。

 

確かに、不審者や不審車両の早期発見で事件を防ぐことができるので、いい傾向ではあるが、探偵にとっては、少々やっかいである。

 

21:10。

広尾駅方面より現れた、スーツ姿の対象者が自宅へと入って行く姿をとらえることができた。

 

葉山は、しっかりと対象者の姿をカメラに押さえ、事務所へと戻って行った。

 

事務所に戻ると、調査員たちが全員、出勤していた。

今日は、調査がないので、出勤してこなくてもいいのだが、見事に全員が事務所に揃った。

みんな家にいても暇を持て余すのか?

それとも

よほど責任感が強く、調査報告書の進行状況が気になったのか?

 

恐らく前者だろう。

 

時刻は夜の22時だが、せっかく全員が揃ったので、恒例の作戦会議を開くこととなった。

 

作戦会議では、現在進行中の案件について、全員で情報を共有し、意見を出し合い、調査方法の変更の有無や、調査終了後の対応、弁護士の選定などを行う。

また、過去の案件についても、その後どのような状況になっているか、まだ探偵が力になれることはあるか、なども話し合う。

 

早速、黒沢氏の案件についても作戦会議を行った。

 

 

黒沢氏の案件の担当者は葉山。

葉山から調査員一同に、今回の調査動機や依頼者と対象者の関係、対象者の特徴、調査目的などが発表される。

葉山の読みでは、1日調査を行えば、対象者の行動の骨格は見えるはず。

様々な事を想定し、準備をするが、初日は調査員2名で十分だろうとの見解だった。

 

他の調査員たちも異論はないようで、作戦が決まった。

調査方法は2名での徒歩尾行。

調査日は明日。

張込み開始時刻は朝6時45分。

いまから8時間後である。

 

他の案件についての作戦会議も順調に終わり、解散したのが23時30分。

それぞれが自宅へと帰って行った。

 

葉山も電車に乗り込み、妻にメールをする。

返事がないのは、寝ているからだろう。

 

自宅に着いた葉山を出迎えたのは、番犬全国大会があったら優勝間違いなしの愛犬。

葉山は飼い主のはずだが、必ず吠えられる。

愛犬が吠えると、妻と娘が目を覚ます。

そして、睨まれる・・・。

いつもの流れである。

 

翌日、葉山は5時に目を覚ました。

妻と娘と愛犬を起こさないようにそっと立ち上がり、準備に取り掛かる。

朝は、番犬チャンピオンも苦手らしい。

 

まずは毎朝の日課にしている軽い運動を行い、シャワーを浴びる。

シャワーから上がると、いつも妻が起きていて、朝食の支度をしてくれている。

葉山にはもったいない妻だ。

 

 

しっかりと朝食を取った葉山は、家族に感謝をしながら、現場である黒沢邸へと向かう。

電車内では、よっぽどの満員電車でない限り、葉山は必ず読書をする。

最近では、スマートフォンを操作している人達が目立ってきているが、葉山は昔から電車内は読書派である。一時、時代の流れに乗ってタブレットを購入し、タブレットで読書をしてみたが、どうも内容が頭に入ってこない。紙製の本が葉山にはしっくりくるらしい。

 

黒沢邸に着いた葉山の目に入ったのは既に張込みを始めている調査員だった。

 

葉山はいつも調査員たちに感心している。

これまで、一度も遅刻がないからだ。

 

ある調査で、現場に朝7時に集合だったのだが、その路線で人身事故があった。

事故の詳細は分からないが、恐らく自殺だろうと…。

その結果、葉山は現場に30分ほど遅れて着いてしまった。

だが、葉山と調査を共にする調査員は、しっかりと7時には現場にて張込みを行っていたのだ。

 

葉山「人身事故あったよね?電車止まっていたよね?」

調査員「はい。あったそうですね。」

葉山「事故より前に着いていたの?」

調査員「はい。想定内です。」

葉山「・・・遅れてすみませんでした。」

 

葉山探偵事務所の調査員たちは、非常に優秀だと自画自賛し、常に教えられる事ばかりだと、頭の上がらない葉山であった。

 

7時を過ぎた頃、予定通り対象者が黒沢邸から出てきた。

黒沢邸を出た対象者は、ゆっくりとした歩調で広尾駅へと向かう。

改札を通過し、日比谷線に乗車、車内では終始スマートフォンを操作している。

次の駅の恵比寿で下車するとJRに乗り換え、渋谷方面へ。

 

渋谷で下車した対象者は、ハチ公口より駅を出、道玄坂をのぼって行く。

 

数分後、対象者は、道玄坂にあるオフィスビル「渋谷第五ビル」に入っていった。

対象者が入ったのは、「渋谷第五ビル」の403号室。

表示や表札、インフォメーションボードには、何の記載もない。

 

調査員が、「渋谷第五ビル」の周辺にて張込みを行っている間、葉山は「渋谷第五ビル」403号室について、調査を開始した。

 

葉山は、友人の不動産屋の安住に連絡を取り、渋谷駅前のカフェで待ち合わせをした。

この安住は、情報通で、葉山の情報入手先となっている。

ただ、安住も商売上、守秘義務があるので、内容によっては、はっきりとした情報は提供してくれない。

基本的には、葉山が質問をして、安住がそれとなく答えるシステムだ。

違う場合は「それは違う」とはっきり答えるが、

合っている場合は、「そうかもね」とか「そうだったらいいね」とか「ふーん」などと答える。

 

ただ、今回は違った。

 

安住「よっ!葉山ちゃん、元気?」

葉山「久しぶり。早速ひとつ聞きたいんだけど・・・。」

安住「何だよ?急いでるの?」

葉山「今、調査中だから、あまり時間がないんだよね。」

安住「そっか。それはしょうがないな。何だい?」

葉山「道玄坂にある『渋谷第五ビル』の403なんだけど、知ってる?」

安住「葉山ちゃん・・・それはヤバいよ。」

葉山「・・・」

安住「葉山ちゃん、昔に事件を起こした『△△△△△教』って知ってるだろ?」

葉山「あの新興宗教の『△△△△△教』?」

安住「そう。それそれ。その『△△△△△教』の渋谷支部だよ。」

葉山「そうなんだ。でも昔のことだろ?今でもヤバいの?」

安住「今、若い奴らを中心に信者が急増しているって話だ。特に事件を起こしたりは、してないが、若者たちの寄付で相当な資金を集めることに成功しているらしい。今、最も目を離せない団体だよ。」

 

安住と別れた葉山は、急いで「渋谷第五ビル」に向かった。

張込みをしていた調査員に報告をし、注意するように指示を出した。

 

葉山は依頼者の「黒沢 元」に電話をする。

 

黒沢「はい。黒沢です。」

葉山「お世話になっております。葉山です。」

黒沢「何かわかりましたか?」

葉山「はい。重要なことが判明しました。」

黒沢「何ですか?」

葉山「お電話では、ちょっと申し上げにくいので、お会いすることできますか?」

黒沢「わかりました。今から行きます。どこに行けばいいでしょうか?」

葉山「1時間後に、事務所に来て下さい。」

 

電話を切った葉山は、調査員に、張込みを継続するよう指示を出し、事務所へと急いだ。

 

 

1時間後、走ってきたのか、息切れをしながら黒沢が事務所に入ってきた。

 

葉山「今日の調査で判明したことがあります。」

黒沢「何ですか?」

葉山「丈二君ですが、新興宗教の「△△△△△教」渋谷支部に出入りしています。」

黒沢「あの「△△△△△教」ですか!?」

葉山「はい。」

 

黒沢は何かを察したかのように、

 

黒沢「・・・それで、金が要るのか・・・」

葉山「恐らく寄付金だと思います。私の知人に詳しい人間がいて、聞いたところ信者には毎月寄付金集めのノルマがあるそうです。集められなければ自腹を切ってでも寄付をするそうです。多く集める事ができれば、教団内で出世することができるとか・・・」

 

黒沢「・・・・・ありがとうございます。」

葉山「黒沢さん、今後どうしますか?もっと状況を探ることはできますが。」

黒沢「葉山さん、ありがとうございます・・・。一旦持ち帰って妻と相談してみたいと思います。」

 

 

黒沢は後日連絡すると言って帰って行った。

葉山は、張込みをしていた調査員に連絡を取り、調査を終了し、帰ってくるように伝えた。

 

葉山探偵社の調査も一旦は終了。

黒沢からの連絡を待つことになった。

 

2週間が経った頃、外は珍しく数メートル先が見えないほどの濃霧で、今日の浮気調査は無事に出来るのかと、調査員たちが作戦会議を行っていた。

 

そんな時、黒沢から葉山探偵社に連絡が入った。

黒沢からの連絡では、調査は終了との事。

 

黒沢は息子の丈二と話し合いを行い、かなり揉めたそうだ。

話し合いの結果、丈二は「△△△△△教」への出入りは辞めたが、“ひきこもり”に戻ってしまったらしい。

 

なんだか、今夜の濃霧のように、すっきりとしない状態で調査が終了したが、

仕方がないことだ。

 

葉山探偵社の調査員たちは、気持ちを入れ替えて、浮気調査の現場へと向かっていった。

葉山は、事務所の窓から、濃霧の中、現場に向かう調査員たちを見送っていた。

 

“新興宗教”と“ひきこもり”

 

自分の娘が黒沢丈二の立場だったら・・・。

親としていいアドバイスを言ってあげることができるか?

冷静に対応できるのか?

考えても答えはでない・・・。

 

 

終。

hy東京探偵事務所

罪とバツ~住居を侵す罪~


◆罪とバツ~住居を侵す罪

刑法 第130条

正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、

建造物若しくは艦船に侵入し又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から

退去しなかった者。

 

images2

 

バツは

3年以下の懲役、もしくは10万以下の罰金。

dbeef9dfa263086395db700bb5a1c0ff_s

 

張り込みも気を付けなければ。

ban_inquiry

 

 

 

 

 

株式会社J.P.A.(Japan Progress Agency)

hy東京探偵事務所  池袋オフィス(24時間対応)

TEL:03-6802-8160
FAX:03-6802-8161
MAIL:info@hytokyo.co.jp
所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-13杉山ビル2F
探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30130308号
探偵業開始番号:東京都公安委員会 第30110315号

hy東京探偵事務所  町田オフィス(24時間対応)

TEL:042-732-3534
FAX:042-732-3263
MAIL:machida@hytokyo.jp
所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田2-7-6-306
探偵業届出番号:東京都公安委員会 第30110313号

hy東京探偵事務所  横浜オフィス(24時間対応)

TEL:045-827-3890
FAX:045-827-3894
MAIL:yokohama@hy-tokyo.jp
所在地:〒244-0814 神奈川県横浜市戸塚区南舞岡1-24-21
探偵業届出番号:神奈川県公安委員会 第45130061号
探偵業開始番号:神奈川県公安委員会 第45120105号